突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)|東京都千代田区(お茶の水・神保町)

突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
効果のある症状

突発性難聴への鍼灸(はり灸)治療

突発性難聴とは

突発性難聴とは、ある日突然起こる難聴のことです。
突然に耳が聞こえなくなる(聞こえにくくなる)と同時に、耳鳴りや耳がつまった感じ、めまいや吐き気を同時に生じることもあります。めまいは約半数の患者さんに認められますが、めまいはよくなった後に繰り返さないのが特徴でもあります。また、突発性難聴では耳以外の神経症状(顔や頚・四肢のしびれや意識障害など)が認められないのが特徴です。発症が突発的であることから、ほとんどの患者さんが発症の時期やそのときの状況を覚えていることが多いともいわれています。また、急な耳鳴りの後、突然耳が聞こえない(聞こえにくい)という場合もあります。

突発性難聴の原因

突発性難聴の原因は不明といわれていますが、ウイルス説と内耳の血液循環不良性説が有力です。強いストレスから難聴を引き起こす場合もあり、誰でも突発性難聴になる可能性があります。日本では年間3万5千人が罹り、健常化するのはわずか1/3といわれています。突発性難聴のため、毎年2万3千人以上の人が難聴者となっています。

病院での突発性難聴の治療法

現代医学での突発性難聴発症の治療法は、医学的機序、原因が不明といわれているため、病院での治療にも統一されたものはなく、個別の選択になっています。主な治療法はステロイドホルモン、その他の薬剤、高圧酸素療法、星状神経節ブロックなどが治療に用いられています。

突発性難聴に対する鍼灸(はり灸)治療

早期の突発性難聴には鍼灸(はり灸)治療が非常に効果的です。
原因不明の突発性難聴になる方の多くは後頚部(首の後ろ側で耳に近い部位)から肩にかけての筋肉(胸鎖乳突筋など)が非常に硬くこわばっている方がとても多いです。その原因はさまざまですが、まずは耳周辺の筋肉を鍼灸(はり灸)で血行を良くして、やわらかく保つ工夫をすることが早期回復につながります。
突発性難聴の症状に付随する、頭痛や耳鳴り、眩暈(めまい)に悩まされている方にも鍼灸(はり灸)治療は非常に効果があります。
また、突発性難聴の特徴として早期治療が早期回復に直接的に影響することから、一日も早く鍼灸治療を始められることをお薦めします。
現代医学では、慢性化した難聴に対しては治療方法がないとされています。
しかしながら、鍼灸(はり灸)治療を続け、時間、月日の経過した突発性難聴の症状が少しずつ改善される方も多くいらっしゃいます。

突発性難聴と頭痛への鍼灸(はり灸)治療

突発性難聴の症状をお持ちの方に多い症状のひとつが、難聴と併発する頭痛です。頭をしめつけられるような痛みで、肩や首の筋肉の緊張によって頭が痛む「緊張型頭痛」と呼ばれます。肩こり人口が多い日本人にはもっとも起こりやすいタイプの頭痛です。重苦しい痛みや違和感が連日のように続く頭痛です。以下のような症状をお持ちの方は是非アイムの鍼灸(はり灸)治療をおすすめします。

このような方に

突発性難聴の症状に付随する、頭痛に悩まされている方にはアイムの鍼灸(はり灸)治療を受けられることをおすすめします。硬くなった首や耳の後ろの筋肉、後頭部の痛み、硬さ、違和感がだんだんと改善され、快適な生活を送れるようなります。
● 突発性難聴の症状とともに頭痛がある。
● 後頭部から首筋にかけて、ジワーっと両側が痛む。
● 頭を鉄の輪でギリギリとしめつけられるような痛み、違和感、頭の上に重石が載ったような頭重感がある。
● 頭痛とともに首や肩のこりをともなう
● いつの間にかに痛み、違和感が始まり、ダラダラと続く。
● 首を回すと、フワッと一瞬めまいがすることがある。
● 一日中パソコン操作を行う。

眩暈(めまい)の治療法

西洋医学的治療だけでは、残念ながらすっきりとめまいが治らない場合があります。
突発性難聴をわずらった方の多くは、同時に眩暈(めまい)が出てお悩みの方も多いです。また、肩こりによる血液循環の悪さに伴うめまい、あるいは自律神経のアンバランスによって起こるめまいなど、原因はさまざまです。治療には一般的にステロイド剤やビタミン剤などで様子を見る保存的な方法や、精神的なストレスを取り除く意味で抗不安剤等を処方ざれる場合もあるようです。

眩暈(めまい)の鍼灸(はり灸)治療

突発性難聴をわずらった方の多くは、同時に眩暈(めまい)が出てお悩みの方も多く、肩こりによる血液循環の悪さに伴うめまい、あるいは自律神経のアンバランスによって起こるめまいなど、原因によってはお薬よりも鍼灸(はり灸)の治療のほうが効果的なことも多いです。
また、緊張や疲れからくる肩こりにも直接はり(鍼)を施し、筋肉をゆるめることができます。硬い筋肉によって阻まれていた血行が改善し、脳に充分な血流が届くようになります。これにより、めまいが改善されるのです。首の筋肉や靱帯に問題がある場合も、鍼灸(はり灸)の治療によって改善が可能です。
アイムの鍼灸(はり灸)治療の場合、問題のある局所だけでなく、全身のバランスをみながら治療いたしますので、めまいの治療といってもはり(鍼)やお灸をする場所は手や足、ときにはお腹などに及ぶ場合もあります。めまいの原因がさまざまであるように、めまいだからといって患者様全員に、同じツボに鍼を打つとは限りません。症状が出たということは、病に至るまでの過程があり、土壌があったということです。症状をとることだけに留まらず、全身の健康状態そのもの、さらには心身の健康に至るまで改善していくのが鍼灸治療の特徴であり、良さでもあります。ただ、慢性化した難聴やそれに伴う眩暈(めまい)の場合、改善までに長い時間が必要になることもあります。あきらめず通院されることをお勧めいたします。

突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
突発性難聴・眩暈(めまい)・耳鳴り・頭痛の鍼灸治療(はり灸治療)
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階