アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)治療|東京都千代田区(お茶の水・神保町)

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
効果のある症状

腰痛

人類が直立二足歩行を初めて160万年余りの間悩まされ続けているもの、それが腰痛です。二足歩行の場合、脊柱(背骨)が重力という大きな力に逆らっています。それを支えている筋肉や靱帯、一つ一つの脊椎には絶えず負荷が掛かっています。そのため、腰痛にも様々な症状があり、原因も人それぞれです。

『日常生活にはまだ支障がないから』と湿布薬などで我慢する方が多いようです。しかし腰は体の中心、ほとんど全ての動作に関わってきますので、早めのケアが大切です。腰痛には、椎間板ヘルニアなどの疾病・筋肉の張りやコリ・精神的なストレスなど様々な原因があります。ほとんどの腰痛の場合、鍼灸(はり灸)治療は大きな効果を発揮します。辛くなってからの治療よりも日々のケアで快適な日常生活を送りましょう。

筋肉が原因の腰痛

腰痛の一番代表的なものは筋肉を原因として起こる、『筋筋膜性腰痛(緊張性腰痛)』です。『筋筋膜性腰痛(緊張性腰痛)』は長時間同じ姿勢を続けるなど、筋肉に過度のストレスをかけ続けたことによって起こされる腰痛で、腰痛のほとんどがこの『筋筋膜性腰痛(緊張性腰痛)』であると言えます。また、疾病が原因の腰痛もほとんどが筋肉の緊張を伴うため、『筋筋膜性腰痛(緊張性腰痛)』の混合型になることがほとんどです。さらに、みなさんが一番身近な腰痛として『ギックリ腰』があります。『ギックリ腰』は欧米では『魔女の一撃』といわれ、強烈な痛みを引き起こします。急激な筋肉の硬直や引き攣れによっておこり、『急性の筋筋膜性腰痛』が『ギックリ腰』のほとんどをしめています。

疾病が原因の腰痛

腰痛を引き起こす疾病は数多くありますが代表的なものは、

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎分離症

腰椎すべり症

変形性脊椎症

脊椎管狭窄症

などの背骨の異常によるものがほとんどです。このような『疾病が原因の腰痛』の場合、筋肉の緊張だけでなく、坐骨神経痛を伴うことも多く、痺れや痛み、感覚の異常などの自覚症状が現れることがあります。

腰痛の鍼灸(はり灸)治療

『腰痛』の鍼灸(はり灸)治療は、筋肉の硬直を緩め全体の血行を促進することが最重要で、さらに冷えが関与していることも多く、冷えを取り除くことも大切になってきます。つまり、効率的に血行を促進し冷えを取り除く鍼灸(はり灸)治療は『腰痛』の特効薬といえます。

さらに、アイムの鍼灸(はり灸)治療は、敏感で繊細な日本人の体質にあわせた「接触鍼法」を用います。このアイム独自の鍼灸(はり灸)治療が、交感神経を抑制し副交感神経の活動を活発にし、身体全体の緊張を解きほぐします。腰だけでなく全身が脱力し、腰痛を回復しやすく再発しにくい体内環境を整えることができます。

アイムの鍼灸(はり灸)治療

『腰痛』の鍼灸(はり灸)治療は、筋肉の硬直を緩め全体の血行を促進することが最重要で、さらに冷えが関与していることも多く、冷えを取り除くことも大切になってきます。つまり、効率的に血行を促進し冷えを取り除く鍼灸(はり灸)治療は『腰痛』の特効薬といえます。

さらに、アイムの鍼灸(はり灸)治療は、敏感で繊細な日本人の体質にあわせた「接触鍼法」を用います。このアイム独自の鍼灸(はり灸)治療が、交感神経を抑制し副交感神経の活動を活発にし、身体全体の緊張を解きほぐします。腰だけでなく全身が脱力し、腰痛を回復しやすく再発しにくい体内環境を整えることができます。

坐骨神経痛とは

『坐骨神経痛』良く聞く名前ですね。患者さんからも「私、坐骨神経痛なんです。」という訴えをたびたび耳にします。では、坐骨神経痛とはどのような疾患なのか?実は病名ではなく症状の名前なのです。つまり、何か原因になる疾患があって、『坐骨神経痛』という症状がでている、ということです。

まず、坐骨神経とは骨盤の後側からでてお尻の付け根、太ももの裏、膝の裏を通り、すねとふくらはぎの両方に別れ、足の甲と足裏にまで伸びている末梢神経のことで、人体でもっとも太くて長い神経です。この長い神経の通り道のどこかで神経の圧迫が起きると『坐骨神経痛』になります。『坐骨神経痛』になる疾患の代表格は、椎間板ヘルニア・ギックリ腰(急性腰痛)で、その他にも梨状筋症候群・脊柱管狭窄症・脊椎分離症・脊椎すべり症・脊椎腫瘍などがあります。

『坐骨神経痛』の特徴は、腰部から臀部(お尻)にかけての痛みや痺れ・太ももの裏側の痛みや痺れ・膝裏の痛みや痺れなど、坐骨神経の走行に沿って腰から下の下肢に現れます。これが進行し神経の圧迫が強くなってくると運動神経を圧迫し、徐々に運動障害が起こります。そして、坐骨神経の支配している筋肉に萎縮が起こり、重度の場合は排尿障害などが起きる可能性があります。進行性の疾患なのでほっておかずに早めの対処が必要です。

坐骨神経痛の鍼灸(はり灸)治療

坐骨神経痛の場合、原因となっている疾患によって治療法は変わります。ですが、坐骨神経痛のほとんどが、腰部から臀部(お尻)にかけての筋肉の緊張や、坐骨神経の走行に沿っての筋肉の緊張があります。鍼灸(はり灸)治療によりそれらの筋緊張を緩め、腰回りの血行を促進し、坐骨神経痛の痺れや痛み不快感を解消します。さらに、全身治療による自律神経やホルモン分泌の調節により、疾患が回復しやすい体内環境をつくります。

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階