アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
効果のある症状

ひざ(膝)関節痛に対する鍼灸(はり灸)治療

ひざ(膝)が痛くて階段の上り下りがつらい、あるいは立ったり座ったりする動作で痛みやはれが出てくるという方のほとんどに、ひざ(膝)関節部の変形が見られます。軟骨や半月板の損傷などで関節の安定性が欠けると、バランスを保つために周囲の靭帯や筋肉にも余分な負担がかかり、疲労によって萎縮、硬化を起こしやすくなるのです。

関節が弾力性を保つためには、常に適度の潤滑油的な水分が必要です。関節部の血液循環を高め、十分な栄養を補給することが、磨耗などの進行を食い止める大切な条件です。東洋医学的に見た場合、ひざ(膝)関節痛を起こしやすいタイプは、常に体が重だるい(特に足、腰)、水太りしやすい、汗をかきやすい、疲れやすいなどの症状を持つ方々です。

ひざ(膝)の痛みを解消するツボをいくつか紹介しましょう。まず「内膝眼(ないしつがん)」と「外膝眼(がいしつがん)」。一対になっているツボです。膝を曲げてイスに腰掛け、膝の皿のすぐ下の内側にできるくぼみの中にあるのが前者、外側のくぼみの中にあるのが後者にあたります。

これらのツボは膝痛はもちろん、慢性関節リウマチや変形性膝関節症などの治療や、ひざ(膝)関節症などで水がたまった場合にも効果があります。

「委中(いちゅう)」は、うつぶせでひざ(膝)を伸ばした状態にある、ひざ(膝)の後方にある横じわの中央部に位置しています。このツボをマッサージする場合は軽くなでる程度で十分効果があります。強く刺激しないように気をつけながら試してみてください。

「陰陵泉(いんりょうせん)」は足の内側で、ひざ(膝)のすぐ下、ちょうど出っ張った太い骨に触れる直前部に位置しています。

また、自宅で出来る事としては、太ももの前面部分にある大腿四頭筋という筋肉をリハビリなどで強化させることも、ひざ(膝)関節疾患を改善させる有効な手段の一つです。是非実行して頂きたいですね。

体質や症状に合わせてツボを選ぶことで、頑固な痛みも解消することができます。

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階