アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)治療|東京都千代田区(お茶の水・神保町)

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
効果のある症状

不妊症・妊娠したい方に対する鍼灸(はり灸)治療

不妊症は男女ともに身体の異常の有無を診断し、原因を除去することは言うまでもありませんが、近年では、原因がないのに子供ができないと訴える患者さんが増えているようです。このような方々に対しては、東洋医学が有効な治療手段となるはずです。その原典となる黄帝内経『素問』には「男女とも「腎気」(五臓六腑の一つ)が充実し、他の臓器に相通じることによって精気があふれ、陰陽が調和して生殖が可能」と説いています。

ツボの治療としては、まず「関元(かんげん)」。おへそから直下に三寸(指幅3本)のところにあります。月経痛や月経不順にも有効です。

「血海(けっかい)」は膝蓋骨の内側面の上角から指幅3本分くらい上がったところにあります。膝部をつかむような形で、強めに押しもんでください。血行を良くし、婦人病に良く効くツボの一つです。

「三陰交(さんいんこう)」のツボは、足の内くるぶしから指幅で3本分くらい上がったところにあります。気血の循環を良くし、特に冷え症の方には不可欠のツボです。

前に述べた「腎気」を健全に強化させるためには、気血水の循環を整え、「冷え」には十分配慮することが大切です。特に足腰は絶対に冷やさないことです。

鍼灸(はり灸)治療の際、三陰交、血海、関元、足三里などのツボを患者さんの状態により選び、治療を行います。

体質改善が必要なため、ある程度の時間はかかります。定期的に治療を行うことをおすすめします。

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階