男性の薄毛・円形脱毛症・抜け毛の鍼灸治療ならアイム鍼灸院 - 東京 神保町 -

男性の薄毛・抜け毛
女性の薄毛・抜け毛

男性の薄毛・抜け毛

日本人成人男性の4人に1人が薄毛症状が現れています。

日本の成人男性薄毛率を調査しているアデランスの発表によると
日本の成人男性薄毛率は26%を超えており、
成人男性のおよそ4人に1人が「薄毛」と言われています。

原因として考えられることは
日本人の就寝時間が遅くなった、食事が欧米化してきた、
パソコンやゲームがどんどん普及してきたことなどが要因の一つでしょう。
日本人の生活パターンに変化がなければ、
この日本人成人男性の薄毛率は増加していくことも考えられます。
気が付いたころには50%を超えているかもしれません。

みなさんもご自身の普段の生活について考えてみてください。
体にも髪にも悪い影響を及ぼす生活を送っていませんか?
とにかく規則正しい生活を送り、健康的な体質を保つことが「薄毛」対策には大切です。

通院中の男性の薄毛の例1

通院中の男性の薄毛の例1

通院中の男性の薄毛の例2

通院中の男性の薄毛の例2

薄毛・抜け毛の原因

薄毛とは何らかの原因で髪が細くなったり、抜け落ちたりと正常な成長をしなくなり、
その結果、「髪の毛が薄くなる」といった状態になることですが、いったいなにが原因で薄毛となるのでしょう。
薄毛になる原因は大きく分けて4つあります。
「遺伝」「男性ホルモンの影響」「食事・生活習慣」「精神的ストレス」これらの薄毛原因が複雑に絡みあった結果、髪が抜けたり細くなるのです。
この4大原因からみると、どの人にも薄毛になる可能性があるということがわかります。

遺伝
薄毛には遺伝的要素が大きく関係しています。薄毛が広がる前に予防の治療を行うことをおすすめします。
男性ホルモンの影響
男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進しますが、
頭髪にとっては逆で、毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げます。
食事・生活習慣
髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラル成分は日常の食生活では十分に摂取できない場合があります。
また同時に不規則な生活も髪の成長を妨げます。
精神的ストレス
心や体にも悪影響を及ぼすストレス。薄毛や抜け毛にとっても例外ではありません。
ストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、毛根に栄養分を十分運べない状態となります。