薄毛・円形脱毛症・抜け毛の鍼灸治療の効果とその理由 - 東京 神保町 -

アイムとは
鍼灸について
無痛のはり技術
お灸いろいろ
Why?鍼灸の効果
衛生面について

Why?鍼灸の効果

鍼灸治療の安全性と効果は、世界のWHOに認定されています。

例えば内臓に異常がある場合、
神経的につながりのある皮膚に痛みやしびれが現れたり(内臓・皮膚反射)、
筋肉の過緊張が現われることがあります(内臓・運動反射)。
その異常が現われた部位に鍼灸をすると、
「体性・自律神経反射」という機転がはたらき、
副交感神経が高まり、内臓の機能を整えることができます。

つまり不調を感じた部分に鍼灸をすると、
深く眠った後のように疲れがとれ、
体内のさまざまな機能を活性化させることができるというわけです。

また、鍼灸には次のような作用も確認されています。

WHO

鍼の作用

調整作用(整腸作用)…組織、器官に一定の刺激を与え、その機能を回復させる。
鎮静作用)疼痛や痙攣のような異常に機能が亢進している疾患に対して行う。刺激した場所の組織を活性化する。
興奮作用)知覚鈍麻、消失あるいは運動麻痺のような神経機能減弱、内臓諸器官の機能減退に対して興奮させる。
誘導作用…血管に影響を及ぼして充血を起こして患部の血流を調節する。
患部誘導法)患部に鍼を打つことで打った部位の血管を拡張させ患部に血液を集める。
健部誘導法)健部に鍼を打つことで打った部位に炎症部などの集まった血液を健部に集める。
反射作用…痛みや温度で刺激して、反射の機転を利用して治療を行う。
転調作用…自律神経失調症、アレルギー体質などの体質改善で用いる。
消炎作用…白血球を増加させて患部に遊走させたり、リンパ系を賦活させることで病的な滲出物の吸収を促進。
免疫作用…白血球を増加させて、免疫機能を高める。
防衛作用…白血球を増加させたり、免疫系(網内系)を賦活させる。

灸の作用

自律神経などに作用して、内分泌に影響を与えることが確認されており、
局所から出る加熱蛋白体(ヒストトキシン)は、血中に吸収され、各種幼弱白血球が増加して免疫機能が亢進することが認められています。

増血作用…灸をすることで赤血球を増やし、血流を良くする。
止血作用…灸をすることで血小板の働きを良くし、治癒の促進を促す。
強心作用…灸をすることで白血球を増やし、外敵から防御する。