スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム

スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
パーソナルトレーニングのご案内
総合ホームページに戻る
ダンサーの為のトータルボディーケア講習会
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
スポーツ鍼灸

ランナー膝(ランニング障害)とは

ランナー膝(ランニング障害)とは

以下の様な症状がある場合、ランナー膝(ランニング障害)の可能性があります。

  • ランナー膝(腸脛靱帯炎)などの膝関節周辺の痛み
  • すねの痛み(シンスプリント、コンパートメント症候群等)
  • 足裏の筋肉の痛み・張り(足底腱膜炎等)
  • 太ももの前面・後面の筋肉の痛みや張り
  • アキレス腱の痛み(アキレス腱炎など)
  • 股関節の痛みや運動制限
  • 股関節の異常、股関節の炎症
  • 腰痛、背中の筋肉の痛みや張り
  • ふくらはぎの筋肉の痛みや張り
  • 太もも、ふくらはぎがつりやすい
  • 足関節の痛みや運動制限
  • 筋肉痛がなかなか抜けない

ランナー膝(ランニング障害)の原因

ランナー膝(ランニング障害)の原因

経験の浅いランナーの自己流の体調管理やランニングフォームの改造、中級者・上級者の負荷の高いトレーニング、適切なケアを怠ったために起きるものなど様々ですが、そのほとんどがオーバーユース症候群(使い過ぎ)によるものです。

ランニングは小さなジャンプと着地の繰り返しです。ランニングをすると、着地時には体重の2~3倍の衝撃が身体に加わります。負荷のかかり続けた足腰の筋肉は堅くなって血流を阻害したり、筋肉の小さな破壊が繰り返されることで炎症となり痛みや張りとなって現れます。

基本的には熱感があればアイシングを行い安静を保ちます。その後障害部位とそれに関係している筋肉の緊張を緩め、血流を促進する事が回復の近道です。その他、走行距離・時間・筋力・柔軟性・フォーム・靴・骨格など、様々な要因を考える必要があり、お一人お一人のお身体やライフスタイルに合わせた練習方法・効果的なストレッチ・道具の選択が必要となります。

アイムでの腰痛症(筋筋膜性腰痛・ぎっくり腰など)の治療

国家資格を持つスタッフの確かな技術によるスポーツ鍼灸・マッサージ治療

丁寧なカウンセリングと身体診察を行い、障害の部位・程度・種類などを特定し、目標達成のためのトレーニング方法やライフスタイルに合わせた治療計画を立てさせて頂きます。

例えばランナー膝の場合、膝関節に大きく関係している太ももの筋肉(大腿四頭筋、大腿筋膜張筋等)に緊張がある場合が多く、それらの緊張を鍼灸マッサージ治療でゆるめて血流を促進し症状の改善をはかります。また、それに関連するハムストリング(太ももの後面)やふくらはぎスネの筋肉等も入念に治療し効果的なストレッチを行うことで相乗効果を狙います。

治療効果の理由

はりやお灸をすることで体内に「エンドルフィン」など、痛みをやわらげる物質(鎮痛物質)が生成されます。

また、はりをした部分に炎症を抑える白血球が増加し、こっている部分の血流が改善されます。

さらに、全身のツボを刺激し、胃の運動を促進したり、ホルモンのバランスを整えて筋肉の緊張をゆるみやすくすることもあります。マッサージの場合、筋肉のこりや張りを直接揉みほぐし血液やリンパ液の還流を促進します。体内の循環を良くすることで、疲労物質の除去が見込めます。

スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
ページトップへ
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い I'm【アイム】・パーソナルトレーニングジム ACT(アクト)
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階・神保町院:東京都千代田区神田小川町3-9 ASONEビル6階