スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム

スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
パーソナルトレーニングのご案内
総合ホームページに戻る
ダンサーの為のトータルボディーケア講習会
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
スポーツ鍼灸

スポーツ鍼灸とは、頚(首)・肩・肘・腰・膝・足・股関節などのスポーツ障害の鍼灸治療全般を指します。
スポーツ障害の治療やスポーツ障害の予防、スポーツに取り組む全ての方の体調管理を目的とした鍼灸治療です。

スポーツ障害の治療とその予防の為の鍼灸治療

スポーツ障害の治療とその予防の為の鍼灸治療

伝統医療としての鍼灸は、世界でもっとも長い歴史を持つ代替医療の代表です。伝統医療と最新のスポーツ医学が融合したスポーツ鍼灸は、スポーツの本場であるアメリカのプロスポーツ選手のコンディショニングにも役立てられています。
特に日本人選手が多く活躍するメジャーリーグでは東洋医学的な鍼灸治療が注目され、頚(首)・肩関節・肘関節・腰関節・股関節・膝関節・足関節などのスポーツ障害の治療に、多くの選手がスポーツ鍼灸を取り入れています。高いパフォーマンスは高い自己管理能力と良質のケアから生まれます。スポーツを愛する全ての方の競技力向上、体調管理にスポーツ鍼灸を是非お役立てください。

アイム独自のオリジナルスポーツ鍼灸

アイム独自のオリジナルスポーツ鍼灸

アイムのスポーツ鍼灸は、自然治癒力を最大限に高め病気を治す『東洋医学的な鍼灸治療』と日々研究が進む『最新のスポーツ医学』、双方の理論と高い治療技術に、元アスリートである施術者自身の経験を生かしたオリジナルのスポーツ鍼灸です。

専門的かつ細分化された現代スポーツにおいて選手自身で全てを管理することは難しく、ケアが追いつかない現状があります。それは健康の為や趣味、競技力向上の為にスポーツをされている方やスポーツが生活の一部になっている方も同じです。正しい知識でケアを行えばお身体の状態は自然とより良い方向に向かっていきます。

はり(鍼)やお灸をすることで、体内にエンドルフィンなどの痛みをやわらげる物質(鎮痛物質)が生成されます。また、はり(鍼)をした部分に炎症を抑える白血球が増加して、は部分の血流が改善されます。さらに、全身のツボを刺激し、胃腸の調子や自律神経の機能を調節、ホルモンバランスを整え、様々なスポーツ障害や筋肉痛、全身の疲労を回復しやすいお身体の状態に整えていきます。

アイムのスポーツ鍼灸では、骨盤や脊柱(背骨)の歪みも正常な位置に整えることができます。骨盤や背骨の歪みの原因は、筋肉の張りやひきつれにより骨が強く引っ張られて歪む『筋肉牽引型』、強い外力(何かにぶつかったり)による強い痛みによって歪む『外傷型』、さらに精神的ストレスが原因で歪む『ストレス型』の3つがあります。いずれの場合も全身調整を行い局所治療を行うと、症状が和らぐのと並行して骨盤や脊柱(背骨)の歪みも整います。

現在、頚(首)・肩関節・肘関節・腰関節・股関節・膝関節・足関節などのスポーツ障害の治療に、多くのスポーツ選手がスポーツ鍼灸を取り入れています。東洋医学的な鍼灸治療の本質は『治未病』という言葉に代表されるように、病気になる前に病気にならないような身体や精神状態をつくりだすことです。スポーツも同じです。スポーツ障害になりにくい身体をつくることが競技力向上の一番の近道です。その為に是非アイムのスポーツ鍼灸を活用してください。

施術者は元アスリート

施術者は元アスリート

スポーツ鍼灸の施術を行うスタッフ(担当:横山 奨)はスピードスケートを大学卒業までの16年間やっていました。 スポーツ理論と東洋医学を融合させ、みなさまのお身体のケアをお手伝いできたらと思っています。 運動のことなど是非ご相談ください。

スポーツトレーナー:横山 奨のプロフィールはこちら

アイムのスポーツ鍼灸は無痛です

アイムのスポーツ鍼灸は無痛です

アイムの鍼灸治療は、ほとんど痛みを感じない治療法(接触鍼法)を用います。 注射のような、鍼が刺さる感覚は全くありませんから、初めての方でも安心して治療をお受けいただけます。

施術に用いるはり(鍼・針)・灸について

施術に用いるはり(鍼・針)・灸について

鍼(はり・針)は毛髪ほどの細さのものを使用しますので、痛みはほとんどありません。 またすべてのコースでディスポーザブル(使い捨て)の鍼(はり・針)を使用し、器具、手指の消毒などの衛生面には十分に配慮しております。
お灸治療で使用するもぐさは、国産の上質もぐさです。深く染みこむような温かさが心地よく、あとが残ることはまずありません。どこか懐かしい良い香りと優雅な煙で、自然のアロマテラピー効果も味わっていただけます。

鍼(はり・針)にも様々な種類があり、ひとりひとりの体調・患部の状態・年齢・治療経過などにより使用する鍼(はり・針)は変わります。アイムで使用する鍼(はり・針)は、アイム独自の無痛鍼灸治療の効果をより高めるために、こだわりの鍼(はり・針)を使用しています。

毫鍼(ごうしん)

広く一般に知られている鍼(はり・針)で、鍼といえばこれが思い浮かぶ方が多いと思います。アイムの鍼灸治療でも、この『毫鍼(ごうしん)』を使用する頻度が最も高いです。小児はりの場合はあまり使用しません。アイムでは無痛鍼灸治療の効果が最大限に発揮される太さと長さの鍼(はり・針)を使用しています。鍼(はり・針)の太さは0.18mmφ、長さは20mm、『8分8分2番』と呼ばれる毫鍼(ごうしん)で、髪の毛よりも細い鍼(はり・針)を使用します。

銀製鍼の使用

近年、ステンレス製の鍼(はり・針)が主流となりつつあります。アイムでももちろんステンレス製の鍼(はり・針)も使用します。ですが、治療中に主に使用する毫鍼(ごうしん)は、銀製の鍼(はり・針)を使います。銀製の鍼(はり・針)は、弾力がありしなやかで、施術中の些細な身体の変化も施術者の手に感じることが出来るためです。刺激も柔らかく心地良いのが銀製鍼の特徴です。アイムの無痛鍼灸治療に最適な鍼(はり・針)を厳選し使用しています。

置き鍼(円皮鍼)

置き鍼(円皮鍼)

円皮鍼とは、俗にいう『置き鍼』のことで、治療効果の持続・痛みの強い部分や不快な部分への継続的治療・筋肉の硬い部分の緩和などを目的に行います。マイクロポアと呼ばれる通気性の良い絆創膏の中心に小さな鍼(はり・針)があり、当日の治療終了後もしばらく貼り付けておけます。置き鍼を剥がす時に鍼(はり・針)が身体に残ることはありません。

置き鍼(円皮鍼)治療

アイムでは鍼(はり・針)の長さが0.6mmの置き鍼を中心に、ひとりひとりの身体の状態を見極めて、適切な刺激の置き鍼を使用しています。0.6mm鍼は、できるだけ小さな刺激で十分に効果を持続できる置き鍼です。もちろん貼り付ける時の痛みはほとんどありません。

てい鍼(小児はり・円てい鍼)

てい鍼とは刺さずに治療する鍼(はり・針)で、さすったり加圧したりして皮膚へ軽い刺激を与える鍼のことです。古くから小児の鍼(はり・針)として使用されています。形状は堤型、先は丸くなっているため、皮膚に刺さることはまずありません。小児はりに使用するとともに、大人でも身体の非常に敏感な方や先端恐怖症の方の治療などにも使用します。

てい鍼(小児はり・円てい鍼)での治療

アイムで使用しているてい鍼は、鍼(はり・針)作り職人の中でも鍼作りの神様と呼ばれている『四代目 神部源三』作の神部のてい鍼と、青木実意商店の円てい鍼を使用します。神部のてい鍼は、形状もシャープで皮膚への鍼(はり・針)の当たりも柔らかく、擦ると温かい感触があります。子供は非常に敏感なので、小児はりの時はやさしく治療できる神部のてい鍼を使用することが多いです。青木実意商店の円てい鍼は、施術者の手になじみやすく、神部のてい鍼に比べると作りが大きいため、大人の敏感な方を治療する時に使用することが多いです。ひとりひとりの身体の状態や年齢、その人の感受性などに合わせて使用する鍼(はり・針)を変えるのも治療効果を高めるためのアイムの工夫です。

治療の流れ

カウンセリング

カウンセリング

まずお身体の状況やトレーニングの状況、生活環境などをカウンセリングにて詳しくお伺いします。障害が出ている場合はその原因についても詳しくお伺いします。

患部のチェック

症状の出ている部分の状態を視診、触診しより詳しくお伺いします。必要があれば簡単な検査も行います。

全身治療

全身治療

患部の治療の前に、脈診・舌診・腹診などを行い東洋医学的な診察も行い、全身治療を行います。まず、全身のバランスを整えてから患部の治療に移ります。

患部の治療

症状のある部位に鍼灸治療を行います。

患部の再チェック

症状が改善されたかどうか、必要があれば再度検査も行います。

アフターカウンセリング

今のお身体の状態、治療経過、今後の治療計画、生活やトレーニングで気をつけるべきこと、必要なトレーニングなどについて、ご要望や目標などをお伺いしたうえでお話を致します。

効果のある症状

WHO(世界保健機構)による鍼灸適応ガイドライン

WHO(世界保健機構)では以下の症状に効果があるとされています。
肩こり / 腰の痛み / 腱鞘炎 / 頭痛
めまい / 不眠 / 動悸 / 息切れ / 耳鳴 / メニエル氏病
胃の痛みや違和感 / 消化不良 / 下痢 / 便秘 喘息 / 風邪や予防 / 鼻炎 / のどの痛み
更年期障害 / 生理痛 / 月経不順 / 冷え性 / 不妊 / 貧血 / 膀胱炎
眼精疲労 / 近視 / 結膜炎 / 疲れ目 / かすみ目 / ものもらい
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)

トレーニングのケア

筋肉痛の回復

筋肉痛の回復

筋肉痛の原因はまだ詳しくは解明されていません。有力な説として広く認知されているのは、筋繊維の損傷です。損傷といっても目で見てへこんでいたりするわけではなく顕微鏡レベルでみる微細な傷で、筋線維とその周りの結合組織の損傷が、回復過程において炎症を起こし、この際に発生した発痛物質が筋膜を刺激するのではないかといわれています。

筋肉痛の回復を促進する方法としては、入浴やストレッチ、軽い運動などで血行を良くし、その後休息することが大切です。つまり、全身の血行を促進し自然治癒力を最大限に高めるスポーツ鍼灸は筋肉痛回復の特効薬になりうると言えましょう。スポーツ鍼灸治療を行うと自律神経の副交感神経系が興奮し、身体が脱力し精神的にも無駄な緊張がないリラックスした状態になります。この脱力が、全身の血行促進との相乗効果で筋肉痛を回復します。

さらにスポーツ鍼灸治療は、胃腸の調子を整えたり、冷えを改善したりと筋肉痛が回復しやすい体内環境を整えることができるため、治療を継続して行うことにより筋肉痛やスポーツ障害などのケガ(怪我)が早期に回復しやすい身体をつくることができます。

全身疲労の回復

全身疲労の回復

トレーニングや競技会、さらには演技などによる全身疲労の回復にもスポーツ鍼灸が効果を発揮します。効果の理由は自律神経系の調整です。

自律神経系とは循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝などの調整を行い、体内環境を常に一定の状態に保とうとする神経系のことです。そして、自律神経系には交感神経系と副交感神経系の二種類があります。交感神経系は『昼の神経』とも呼ばれ、人体の活動期、身体を動かし頭を働かせている時に興奮している神経で、身体的・精神的ストレスがかかっている緊張状態で強く働いています。逆に副交感神経系は『夜の神経』とも呼ばれ、人体の休息期、リラックスしている時や寝ている時に興奮している神経で、身体を緊張から解きほぐし休息させるように働いています。

スポーツ鍼灸治療を行うとこの副交感神経系が興奮し、身体が脱力し精神的にも無駄な緊張がないリラックスした状態になります。この脱力が、全身の血行促進との相乗効果で疲労を回復します。日々のトレーニングからくる身体と心の緊張状態を取り除くことが疲労回復や筋肉痛回復の近道です。

使い過ぎ症候群(スポーツ障害)の予防

使い過ぎ症候群(スポーツ障害)とは、長期的に同じスポーツを続けることなどにより、身体の一定の部位に負担がかかって起こる障害のことで、読んで字のごとく使い過ぎが原因によるものです。成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こります。東洋医学的な鍼灸治療の本質は『治未病』といわれる、病気になる前に病気にならないような身体や精神状態をつくりだすことです。つまり、スポーツ鍼灸治療は、使い過ぎ症候群(スポーツ障害)の予防に最も適しているといえます。スポーツ鍼灸治療を行うと自律神経の副交感神経系が興奮し、身体が脱力し精神的にも無駄な緊張がないリラックスした状態になります。この脱力が、全身の血行促進との相乗効果で筋緊張を緩和し疲労を回復します。日々のトレーニングからくる、身体と心の緊張状態を取り除くことが使い過ぎ症候群(スポーツ障害)の予防に大変重要です。また、治療の継続により、第三者的目線から定期的な健康診断のようなことも可能です。本人もわからない微細な変化を見つけることができます。

スポーツ障害(部位別)

頸部

頸腕症候群 / むち打ち(頸椎捻挫)

肩関節周辺

野球肩

肘・手首・指

野球肘 / テニス肘 / ゴルフ肘

腰臀部

腰椎椎間板ヘルニア / 腰椎分離症 / 坐骨神経痛 / 腰痛症(筋筋膜性腰痛・ぎっくり腰など) / ストレス性腰痛

大腿部(ふともも・ハムストリング)・下腿部(ふくらはぎ・すね)

肉離れ

股関節周辺

股関節痛

膝関節周辺

ランナー膝(ランニング障害) / ジャンパー膝 / シンスプリント

足関節周辺

足底筋膜炎 / 足関節捻挫

スポーツ障害(スポーツ別)

野球 / サッカー / バスケットボール / バレーボール / ハンドボール / ラグビー / アメリカンフットボール / テニス / バトミントン/ ゴルフ / 陸上競技(トラック競技) / マラソン / 跳躍競技 / 投擲競技 / 競泳(水泳) / 体操競技 / 自転車競技/ スピードスケート / フィギュアスケート / スキー競技 / クラシックバレエ / ダンス / チアリーディング / ボクシング / 柔道 / 空手 / 剣道 / 登山 / ロッククライミング

このような方へ

プロのアスリート、芸能人、ダンサーなど

トレーニングに励むアマチュア選手

大学・高校・中学等の体育会系クラブの方

スポーツ少年団の子供達など

趣味でスポーツをされている方

スポーツが生活の一部の方

スポーツ障害でお悩みの方(ランニング障害、野球肩、テニス肘、ジャンパー膝など)

大事な大会で調整に失敗してしまう方

体調管理が苦手な方

スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)アイム
ページトップへ
スポーツ鍼灸・スポーツマッサージ取り扱い I'm【アイム】・パーソナルトレーニングジム ACT(アクト)
御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階・神保町院:東京都千代田区神田小川町3-9 ASONEビル6階