アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)セラピー治療|東京都千代田区(お茶の水・神保町)

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)セラピー治療|東京都千代田区(お茶の水・神保町)武蔵野市(吉祥寺)
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
効果のある症状

不眠症と鍼灸(はり灸)治療

日本人の5人にひとりが睡眠に悩みをもっています。

いま日本では、眠りたいのに眠れない人が増加しています。国立公衆衛生院の研究者が実施した調査によれば、不眠症で悩んでいる人は、男性で17.3%、女性で21.5%にのぼっているということです。

つまり、日本人のおよそ5人にひとりが睡眠に関して、なんらかの悩みをもっているというわけです。アイム鍼灸院にやってくる患者さんも、なにかの病気にともなって、眠りたいのに眠れない、という方がたくさんいます。

たとえば、うつ病ではほとんどの場合、不眠をともないますし、自律神経失調症でも医師によって睡眠導入剤が処方されるケースが多く見られます。また、女性の更年期障害においても、不眠は不定愁訴のひとつとなっています。一方、国際線のスチュワーデスのように、人間がもっている生体リズムが外因的な要因で乱され、それで眠ることができない、というケースもあります。

これらのいずれの場合にも、緊張やイライラなどをほぐして体をリラックスした状態にし、自然な眠りに誘うために鍼灸(はり灸)治療は有効です。もちろん、生活のリズムがめちゃくちゃで眠れないといった患者さんには、鍼灸(はり灸)治療をする以前の問題として、生活リズムを正していくようにアドバイスを行います。

不眠症に対する鍼灸(はり灸)治療のポイントですが、「太衝(たいしょう)」などに鍼をして、緊張をほぐし、自律神経の調整を行っていきます。とくに、神経が高ぶってイライラし、それで眠れないようなときは、足の甲にある「太衝(たいしょう)」が固くこって、押しただけでとても痛みを感じます。

夜、ぐっすり眠れるように、1週間に一度、あるいは2週間に一度といった頻度で、仕事帰りにアイム鍼灸院に立ち寄り、鍼灸(はり灸)治療を受けて帰る方がたくさんいらっしゃいます。 鍼灸(はり灸)治療によって自然治癒力を高め、ホルモンバランスを調整して、仕事で疲れた心身をリセットするわけです。

アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い|東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
アイム鍼灸院 鍼灸(はり灸)取り扱い 御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階