不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 東京都千代田区(お茶の水・神保町)

不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 東京都千代田区(お茶の水・神保町)
不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 東京都千代田区(お茶の水・神保町)
総合ホームページに戻る
不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 東京都千代田区(お茶の水・神保町)
鍼灸(はり灸)不妊治療Q&A

よくあるご質問にお答えします。来院時の参考にしてください。

はりは、痛くありませんか?

はりは、痛くありませんか?

はい。アイムの鍼(はり)は、痛みがありません。
なぜなら、痛みを与えずに最大の効果を出す「接触鍼法」という治療法を用いているからです。これは、日本人の敏感な体質に合わせて開発された伝統的な手法で、現在では、アメリカなど世界でも注目をあびています。 やわらかく気持ちの良い刺激で、身体全体の緊張がほぐれ、全身の血行を促すことができます。その結果、血行不良や、過緊張、過ストレスなどからくる円形脱毛症や抜け毛の症状に、効果を発揮することができるのです。 鍼灸(はり灸)治療を受けたことがないという方、興味はあるけどなんとなく怖い…という方。 アイムの鍼灸(はり灸)治療を、自信をもってお薦めいたします。

お灸は、熱くありませんか?跡に残りませんか?

お灸は、熱くありませんか?跡に残りませんか?

アイムのお灸は、ぽかぽかと温かく大変気持ちのよい治療法です。症状や身体の部位に応じて、「適したお灸の方法」を提案させていただきます。特に、患者様から人気のあるお灸をご紹介しましょう。それは、「しょうが灸」です。
しょうがを独自の形にスライスし、その上にもぐさをのせてもやします。すると、ポカポカと温かさが伝わり、なんとも言えない気持のよさを体感していただけることでしょう。また、しょうがの薬効成分があたためられ、皮膚から吸収されます。これが、お灸の効果をさらに高めてくれ、身体が芯から温まるのです。
もちろん、跡に残るようなこともありません。安心して、チャレンジしてみてください。

治療はいつからはじめればいいですか?

体調を整え、健康的な妊娠を望む方であれば、いつ治療を始めても構いません。
「将来妊娠を希望しているが、月経が不順でなんとなく心配…」という方も、身体のケアに早すぎるということはありません。妊娠したい!子供が欲しい!と思った時に、あなたの健康状態が良好であるように、鍼灸(はり灸)治療をぜひ活用してください。

月経中は、治療できますか?

もちろん、月経中でも鍼灸(はり灸)治療は問題なく受けることができます。
月経痛や月経による頭痛、腰痛など、不快な症状の改善にたいへん効果的です。月経中の鎮痛剤の量を減らすことも期待できるため、妊娠を希望する方には積極的におすすめしております。また、月経中の気分の落ち込みなどにも効果があります。
女性鍼灸師も常勤しておりますので、お気軽にご相談ください。

通院の頻度は?

あなたの健康状態、不妊治療の状況などによって、ご提案する通院頻度は変わります。
お身体に明らかな不調がある場合には、週に1度の治療を。お身体のメンテナンスのためなら2週間に1度の治療が目安です。 鍼灸(はり灸)で不妊の治療をする場合、ある程度の期間、治療を継続し体質を良い状態へと変化させることが大切です。ご自身の通いやすいペースと、通院しやすい予算の範囲内で、無理なく治療を継続できるよう、ご相談に応じます。

妊娠中や出産後も治療ができますか?

妊娠中や出産後も、鍼灸(はり灸)治療はぜひ継続してください。
妊娠中の母体の変化によるつらい症状
・胃の不快感 ・不安感 ・腰痛 ・肩こり ・頭痛 ・むくみ など…
薬を使えない期間だからこそ、鍼灸(はり灸)治療を活用していただけます。身体のひどいだるさがとれ、気分がスッキリとするのを感じていただけるはずです。
また、古くから日本に伝わる安産のお灸や逆子のお灸などもあります。ぽかぽかとして気持ち良く、身体の芯から温まるお灸です。産まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、お役立てください。

不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 東京都千代田区(お茶の水・神保町)
ページトップへ
不妊症・男性不妊の鍼灸(はり灸)治療(不妊治療)|アイム鍼灸院 御茶ノ水院:東京都千代田区神田小川町3-8 中北ビル2階